一軒家

優良な害虫及び害獣駆除業者の見分け方|害虫や害獣による被害を解決

屋根裏に侵入する害獣

白鼻芯

日本に存在する害獣の一つとして、ハクビシンと呼ばれるものがいます。ハクビシンによる主な害獣被害というのは、農作物に対する食害や家畜への被害、住宅の屋根裏侵入被害等です。住宅の屋根裏へ侵入するといった被害については、糞による悪臭やダニ・ノミの発生など、その住宅に住む住人にとって大きな被害となるものなのです。ハクビシン駆除を行うためには、専門の駆除業者に依頼する必要があるでしょう。
専門の駆除業者が行ってくれるハクビシン駆除の方法というのは、追い出しと捕獲になります。追い出しによるハクビシン駆除は、煙でのいぶり出しや忌避剤を利用によって行われます。しかし、それらの方法を用いた追い出しというのは、子供のハクビシンには効果が無い場合があります。子供のハクビシンについては、捕獲によるハクビシン駆除が行われます。捕獲によるハクビシン駆除を行うためには、鳥獣保護法によって各自治体へ捕獲許可を申請する必要があります。専門駆除業者は、その申請もスムーズに行ってくれるでしょう。捕獲によってハクビシン駆除が完了した際には、再侵入を防ぐために侵入口を塞ぐ必要があります。ハクビシンは小さな隙間からでも侵入することのできる害獣なので、個人の力のみで全ての侵入口を探し出し塞ぐのは困難なものとなるでしょう。知識と経験のある害獣駆除業者に任せることで、全ての侵入口を塞ぎハクビシンの再侵入を確実に防止することができるのです。